2011年04月11日

放置し過ぎた…

 流石に長く放置し過ぎました。申し訳無いm(_ _)m

 先月下旬に帰国して、色々とちまちまやってました。
ブログで原稿をアップし始めたら、メールやコメントで
某漫画配信サイトの情報を複数の方から頂けたんで、
その件で出版社に確認とかね。久々に元担当さんと
話しをしたけど、ヤスの近況とか聞かれちゃうと困る…

 震災について俺が文章綴るのはおこがましいんで、
黙って募金だけしときます。被災地の一つ宮城県には
その昔縁があったから、小額ながら気持ちを込めて。

 以上。次はちゃんと更新するから今回はここまで。
posted by オカ at 20:29| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

フジタチバナ 第2話

FT02_02-03.jpg  FT02_01.jpg

FT02_06-07.jpg  FT02_04-05.jpg

FT02_10-11.jpg  FT02_08-09.jpg

FT02_14-15.jpg  FT02_12-13.jpg

FT02_omake.jpg  FT02_16.jpg

 予定よりも丸一箇月遅れましたが、ようやく2話目のアップです。
このキャベツの回を楽しみにして下さってた方々もいらしたようで、
フジタチバナの中で一番好きな話だから期待してます的なメールを
3通も頂いてしまいました。有難いことですm(_ _)m

 思い返すと、掲載時も2話目は特に評判が良かったと担当さんに
聞かされてました。週チャン読者層に新鮮に感じて貰えたのか?
実家での体験を生かした話で評価されたのは素直に嬉しいです。

 キャベツの収穫は、今は亡き母方の祖父との忘れ難い思い出。
多くの方に御楽しみ頂ければ幸いです^^
posted by オカ at 01:00| フジタチバナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

そっか、2011年か…

 今年一発目の更新ですが、昨年は身内に不幸があったんで、
新年恒例の挨拶は控えたいと思います。悪しからずm(_ _)m

 2010年は本当に色々と有り過ぎました。散々な思いをした末に、
にくぼしを解散したこと。その後再就職して海外勤務になったこと。
一番大きいのはこの2つだけど、細かく挙げればキリが無い程。
でもなんかなぁ… 年明けた気がしねーぞw

 年末年始はTV特番見ながらまったりして、神社に参拝行って、
出店屋台のベビーカステラ食ってってのがパターンだったけど、
今の俺にとって年末年始はただの三連休でしかないんよねー。
しかも大掃除で二日潰れたから、ゆっくり出来るのは今日だけ。
むむっ…このままだと寂し過ぎるから、今日は飯で奮発しよう。

 まぁこんな感じで、年末年始もあんま時間取れてないせいで
フジタチバナのアップが遅れてる訳です。言い訳ですがね^_^;ゞ
posted by オカ at 03:55| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

@〜Bの回答

 Q&Aです。今回は事前に公表してた中の@〜Bに回答。
あくまでも俺の意見なんで、その辺を御理解の上でヨロ^_^;ゞ


@漫画家を目指して定職に就くこと無く活動していた場合、
  その期間は就職活動をする際に企業からどう見られる?


  まず、就職活動を始める時点で漫画家として大した結果を
 残せなかったものと想定します。であれば、どんなに本人は
 頑張ったつもりでも、ただのフリーターとしか見られません。
 むしろ、夢を理由に親の世話になり続け、バイトの経験すら
 無いとなれば、マイナス要素にしかならないと思われます。
  商業誌で掲載暦があれば多少のアピールは出来ますが、
 漫画家を目指し活動した期間と結果のバランスが重要です。
 例えば、大学卒業後3年でデビュー。その後結果を残せず
 5年経過で三十路。この場合、企業の人事担当者の多くは、
 もっと早く諦められなかった?と冷たい反応をするでしょう。
 高卒や中卒なら企業によっては一層見る目が厳しくなります。
 これは学歴の差別では無く、社会の中での区別なのです。
 強い思いがあっても、他人の理解を期待しちゃいけません。



A漫画家を諦めて就職を目指す場合、入り易い職種は?

  特殊な資格でも無い限り、職種は絞らない方が良いです。
 絵心があれば、商談等で相手に何か伝える際、臨機応変に
 その場で紙に絵を描きつつ説明出来るので理解を求め易い。
 そういったメリットはありますが、入り易いと言える職種は
 特に無いと思います。知ったか振ってデザイン事務所とか
 勧める人もいそうですが、そこにいる方の多くは学生時代に
 それなりの知識と技術を学び、就職後も日々鎬を削り合って
 いる猛者達です。力及ばず漫画を諦めた人が通用するか?
 絶対無理とは言いませんが、非常に厳しいと思って下さい。
  本気で就職したいなら、極力若い内に決断することです。
 よく言われることですが、三十路をラインに就職の間口は
 一気に狭まります。だから二十代の内に見切りを付けて、
 ハローワーク通いや求人情報等をチェックしては履歴書を
 送りまくって、次のステップに進むことだけを考えて下さい。
 三十路以上でも、条件が厳しいだけでやることは同じです。
 高望みをせず真摯に就職活動を続けていれば、今の自分の
 身の丈に合った会社がきっと反応してくれる筈です。



B就職後、漫画を描いていたことは職場でどう見られる?

  少なからず興味は持たれます。掲載暦があれば尚のこと。
 原稿料のことやら掲載までの流れやら色々聞かれましたよ。
 ただ、駄目だったから就職している訳です。周りにいるのは
 大人達ですから、その辺察して深くは踏み込んで来ません。
  例外的に深入りしてくる人もいますが、それはチャンスだと
 思うべきです。少し変わった経験をしたからこそ、これから
 共に働く仲間との会話が弾むんです。夢破れたことを恥じる
 必要は無いと思います。むしろ自分からコミュニケーションを
 計るための手段として存分に活用するべきだと思います。



 以上。今はまた就職氷河期らしいけど、自分がやりたいこと
やった末の惨状なら腹を括ろう。あと、コネがあるならそれは
自分の武器の一つだから使うべき。夢を諦めたなら諦めたで、
不貞腐れることなくその先後悔しない人生を自分で掴み取る!
そうしないと宇宙船自分号は何処までも深く沈みます!!
posted by オカ at 23:01| Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

フジタチバナ 第1話

FT01_02-03.jpg  FT01_01.jpg

FT01_06-07.jpg  FT01_04-05.jpg

FT01_10-11.jpg  FT01_08-09.jpg

FT01_14-15.jpg  FT01_12-13.jpg

FT01_18-19.jpg  FT01_16-17.jpg

FT01_22-23.jpg  FT01_20-21.jpg

FT01_omake.jpg  FT01_24.jpg

 宣言通り第1話アップ。掲載時にブログで貼ったおまけ漫画もw
気付く方は気付くかもですが、冒頭の3ページがカラーver.に…
スンマセンm(_ _)m 掲載ver.のデータがここだけ見当たらな
かったんで、以前ブログで貼ったカラーver.のやっつけで^_^;ゞ
サービスカットの演出は掲載ver.が正解なんで、本当はそっちを
上げたかったけど、無い物は仕方が無い。だって俺、今海外だし…
因みに俺達は、担当さんに完成原稿を渡す際、台詞を原稿に直接
書き込まない代わりに、データで打ち込んでプリントアウトした物を
一緒に渡すスタイルを取ってました。

 元々夏が舞台だった話を春に変更したこともあって、少々強引な
部分はありますが、そんなことがどうでも良くなるほどの問題点が
この1話にはあります。農作物に詳しい人ならきっとわかるはず。
それは、後半に出てくるトマトの葉の形。掲載してから気付いた。
これは田舎者の俺が下書の段階で気付かにゃいかん問題だわ。
農家の孫として恥ずかしい思いをしたのも、今はただ懐かしい-_-

 フジタチバナは全話通して評価が高かったそうで、読者様からも
沢山の御手紙を頂けました。原稿の残骸プレゼント企画をやった
効果もありますが、これは誇って良い数だと担当さんにも言って
頂けました。でも、どんなに評価が高いと言われても本連載には
持って行けなかったんですよ… まぁ理由は幾つかありますが、
プロの作家として信用が全く無かったってのが一番だと思います。
だって、もし俺が担当さんの立場なら、絶対締切守らない作家に
週刊連載の枠なんか与えねーし、編集会議とかでも推さねー。

 この世の中にゃ期限の無い仕事なんて普通は存在しない訳で、
どんな仕事であれ、プロなら限られた時間の中でどれだけ結果を
残せるかが問われるもんです。そんな中、力があってもやる気が
無いってんならそれは何よりも質の悪いことで、そんな奴と一緒に
仕事して行こうなんて思う奇特な人はいない。だってビジネスは、
どこまで行っても give and take が基本だから>_<

 ダラダラ続くと余計なことまで書いちまいそうなんでこの辺で。
第2話のアップは来月中旬予定。その前にはQ&Aに数問回答。
あ、そうそう。「 単行本(短編集)は発売されないんですか?」って
質問を良く頂きましたが、ブログで原稿の画像をアップすることを
その回答とさせて下さい。確かに厚い単行本を1冊出せるくらいの
作品を発表しましたが、秋田コミックスで短期連載止まりで終わっ
てる作家の短編集なんて聞いたことないっしょw
posted by オカ at 23:27| フジタチバナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。